子ども食堂 と フードパントリー

チームひだまりは「住みよい地域は自らの手でつくる」ために

子ども支援に取り組んでいます。

◆ひだまり子ども食堂(2016年5月~)

学習支援ひだまり塾の小学生を対象に、月1回開いています。

月1回では、おなかを満たす食堂にはなりません。

それよりも

近い将来独り立ちした時に食のことで困らない力を付けさせたい、

健康を守る知識や、

栄養バランスの良い食事を作れるように、

生活の力を育てることを目標にしています。

 

指導者は栄養学博士の針谷順子(はりがい よりこ)先生。

料理人としての修業も積まれた、高知大学名誉教授。

日本の食育を牽引してきた第一人者です。

 

先生は、

「家庭でできないことは、周りの大人が与えればよい」と、

包丁の使い方から丁寧に教えてくださいます。

私たちは、

ここでの体験が、子どもの血となり肉となることを願って

取り組んでいます。

 

※※※

コロナ禍のため、現在はお弁当配付に切り替えています。

 

イワシの手開きに挑戦!

自分とシニアのお客様のために、二人分を調理。

「親指をグッと差し込んでね」

一人で4尾を手開きすると、コツがつかめます。この後、蒲焼に仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

針谷先生から上手な焼き方を習いました。


◆ひだまりパントリー (2020年7月~)

子育て中のひとり親家庭を支援するため

フードパントリーを開いています。

 

 

「児童扶養手当受給者証」をお持ちの方

どうぞご連絡ください。

 

月1回~2回、買い物かご1杯程度の食品を

お渡しします。無料です。

 

事前連絡で「登録」していただいてからご利用いただきます。

詳細は電話でお伝えします。

 

連絡先:080-6593-8109(ウワミノ)

毎月第3水曜日には「蔵里おやつステーション」さまから、食品のご寄付を頂きます。お世話くださるのは「(株)まちづくり川越」さま。

2022年5月も、この企画を発案くださった恩田様から、当ひだまりパントリーと川越こども応援パントリーの2団体へ寄贈いただきました。

お菓子は出来立ての物をわざわざご用意くださったり、いつも新鮮な野菜もご寄付いただいたり、川越の街の皆様の温かさ優しさを頂いています。

ひだまりパントリーでは、雪印メグミルク川越工場様で余剰となったヨーグルトを頂いて、利用者さんへお渡ししています。

製品の性質上、温度管理を厳密にしなければならないので、実現までには、メグミルク様が運搬用の保冷箱一式をご用意くださり、その温度管理テストを慎重に重ねてくださいました。

受け入れ側でも専用の冷蔵庫を設置しました。

利用者さんもヨーグルト専用の保冷袋を持参するなど「品質保持」のため大変気をつけています。

利用者さんからは

「こんなに美味しいヨーグルトは初めて食べました」

「冷蔵庫を開けるのが楽しみなんです」

「子供の便秘が治りました」

と喜びの声が寄せられています。

継続して定期的に頂けることが本当に有難いです。

(ご担当の総務課様より、受け取り完了!)


022年2月9日は「ニクの日」!

この「肉の日」にちなんで、市内の焼肉屋さんから焼肉弁当をプレゼンをしてくださるとの連絡を頂きました!!

 

川越市内にお店を持つ「焼肉シンラガーデン」様です。

何と100食も頂けるとのこと。しかも、お届けくださり、お店のスタッフさん二人が待機してくださって、パントリー利用者さん一人一人に手渡ししてくださいました。

 

見てビックリ!超高級牛肉のとても高価なお弁当です!

「うわあ!いい匂いだあ~!食べるの楽しみ!!」と高校生。

「えっ!シンラガーデンさん!お肉が美味しくて有名なお店ですよね。嬉しい!」と知ってる若いママ。

皆、笑顔で受け取っていました。

そして

「柔らかくて、本当に美味しかった!」

「とても美味しくて、普段は食の細い子供が、ぺろりと平らげて、びっくりしました。」

などなど、食べ終わった利用者さんからもメールが続々と届きました。

 ご馳走様でした~ (^0^)

カフェ情報

■住所

〒350-1176

埼玉県川越市川鶴2-11-1  B-11

かわつる商店街 (川鶴郵便局 近く)

 

■営業時間         11:00~16:00

 

■営業日        火曜~金曜日

    (年末年始は休業 )

 

■問い合わせ

080-6593-8109(ウワミノ)

※営業時間にお願いします※